お子様にお人々を手作りしてみたけれど

将来お子さんができたら・・・三単位のメニューはやはり、おたぐいは極力自家製で。
私は常常、そんなふうに思っていました。おんなじ絵空事を見ていらっしゃる女性は多いのではないでしょうか。
添加物を入れない手作りのスウィーツは勿論体にいい。
けれどもそれ以上に思うのは・・・子に手作りのスウィーツを作ってささげるなんて、「望ましい嫁」の実例のみたい。
再び、そのスウィーツを子と共に作れば、食育にもなるし、子の嬉しいキャリアにものぼる。
とりわけ「望ましい嫁」になりたいです小物ね。
につき、私は子に手作りのおタイプを届けるのが、絵空事でした。

後日私は二人の子に恵まれました。
けれども祖父母が市販のスウィーツをじゃんじゃんおくるので、子ども達はちっともお現場のスウィーツの虜になってしまっていました。
こういうある日、ようやく、かねてからの夢だった、「子と共にスウィーツ組立て」を実行しました!
作ったものは、子ども達が大好きな、プリン。
原材料は、玉子、乳房、砂糖。いたってイージーです。
子と共に卵を割って。乳房といった砂糖を混ぜて。カラメル真実を作って、蒸して、冷やして・・・。
フィニッシュ。子ども達も大恐れです。

さて、初めての、子ども達との自家製おたぐい。
子ども達の解説は・・・
「・・・お現場のプリンのほうが上手い」。
ガッカリしました。
自家製プリン、私は美味しかったんですけどね。乳房といった卵の、シンプルで手厚いテーストで。
も、市販のプリンを食べ慣れている子供たちには、そのキメ細かいテーストが、物足りなく感じたようです。
残念。
けれども子って、得てしてこんなものなんですよね。
それに懲りずに、お子さんが満足してくれるような、自家製スウィーツを、これからもチャレンジしていきたいとやる。キレイモ 全身脱毛