月別アーカイブ: 2016年8月

なんとか目指した必須、果たせなかった必須。

個々は感想を書くのが好きです。
かつて、雑誌を読むのが何よりも大好きで小さな頃から書屋や書店で雑誌を読みふけってました。
小学校、中学生、高校の点の書屋はほとんど金額雑誌を読みつくしたぐらいだ。
そのマテリアルがあってか、感想を書くのが自ずと好きになってました。
執筆を書く局面などは嬉々としてばっさばっさという執筆書式を書いてったものです。
その延長で方針を策するのが信者だったので会話中にヒソヒソ覚書の陣頭に思いついた方針を書いてあとでまとめていたりしました。
ただ、前もってお宝ほどペンは進むもので、何でも書き込めるかと言えばそうではなく。
これもまた本読みのたまものの収穫信者もあって収穫縁はとくにすらすら感想を書くのが信者でした。
そういうバックグラウンドから、将来はアーティストになりたいなと淡い理想を抱いてきました。
覚書に何だかんだ書きためて件帳を出し、将来の為にとしてきたところが今となっては懐かしいです。
高校の頃にはアーティストは無理だと現実的になりいつしか諦めてしまいました。
個々は書くのは好きですがアーティストになるほどの亢奮はなかったんです。
も、書くのはおわりられなかったのでそれは今でも怠惰という範囲で書いています。
今はアーティストは全く違う職についていますが、今はこれはこれで幸せなのです。pc ま x